2017年5月21日日曜日

Next stage

今日は短いです。

ちょうど1週間前、第4回日本臨床作業療法学会 学術大会が終了致しました。

当会副会長でもある、齋藤大会長のもと、仙台にて行われました。
いつものように盛況です。運営の方々本当にありがとうございました。



本大会では皆様に感化され、何かが降りてきましたw

その1
講演では、佐藤先生と長谷先生に貴重な話とエールをいただいたこと。
その2
シンポジウムや会員の皆様の発表から、みなさんが素晴らしい勢いで成長されているということ。

この2点から、色々考えてきましたが、いまいち学会運営パッとしていないんじゃ?
みなさんが素晴らしい勢いでいるのに僕らも停滞していたらダメやな。


ということで、理事一丸となって新しい取り組みをはじめようと始動しました。

乞うご期待。
Next stageです。

学会に携わった全ての方々に感謝申し上げます。

2017年5月3日水曜日

ACEの初論文が掲載されました

GW真っ只中ですね。9連休といえども前半戦は仕事に精を出しましたが、本日お台場に久しぶりに行き、昼ご飯に辛いニュアンスの掲示がありました。




まさかのかみさんがチャレンジして汗だくだくで完食。私の知らん間に辛口女王になっていましたw。僕も一口食いましたが。その影響で書いてある通りピーですw 翌日じゃなく当日きましたw




まあ余談はさておき、そんな中、嬉しいニュースが舞い込んできました。

とうとうACEの論文が掲載されました!
事例ですが、ケースにACEを利用して気づきが生まれたという報告です。実際、ACEを使うことで本報告のような結果が出ていることはたくさんの人から伺っています。今後量的にも検討して行く予定です。まあその前に信頼性系統の論文ですけどね。

しかし、今回はいくつか嬉しい点があります。筆頭著者はTomoriさんの推しメンで病院に就職し、初めての投稿で掲載だったことと、僕より先にACEの論文を世に出してくれたことです。

Tomoriさんも書いていましたし、手前味噌になりますが日本臨床作業療法研究は初めての方にオススメの投稿先です。僕なりの理由はいくつかあります。

1.査読が建設的。
何回か投稿した人はわかると思いますが、結構きつい、理不尽な査読があったりもします。しかし、日本臨床作業療法研究の査読は、投稿された論文を育てるという建設的な視点からなされる方針ですので、登竜門としてはもってこいです。

2.査読者は論文を書いている人たち
査読されることに慣れていないばあい、ついつい厳しくなることもあります。しかし、この雑誌は、現役で英語や日本語で論文をガンガン書いている人たちが査読者になっています。したがって、本当に査読での様々な経験をしてきた人達が査読をしているので、投稿者に他雑誌でも通用するようなフィードバックを返してくれると思います。

3.専門家が査読する
それぞれの分野にある程度得意な人たちが査読をします。なので、極力明後日の方向の査読されていないと思います。投稿者の方が「そういうことじゃないんだなー。」と思い、げんなりされないような査読が心掛けられていると思います。一方で、誰も査読できないような分野は潔くお断りすることもあると思います。

4.フリー
フリーで誰でも手に入れることができるので、世に広まりやすいです。

実際、現在投稿が増えてきている状況だそうです。ありがとうございます。

そして、今回の論文にご興味のある方はフリーですので是非、ご一読を

ACE(Assessment of Client’s Enablement)を使用したことでクライエントと作業療法士の協働が促進された事例




2017年4月22日土曜日

相対評価と絶対評価

先日、古巣の病院で7時間の管理者研修をさせていただきました。
おいおい、7時間かよって初めは思ったんですが、思いの他に短かった。
教科書はマネジメント本(笑)

しかし、マネジメント本に書ききれないこともやりましたよ。その時にあ〜これ大事だなって思いつつ、入れてなかったと思ったことを書きます。

僕は、後輩指導法にコーチングやストレングスアプローチなどの擁護支援的な指導はあんまりしません。まあ、なんでかというと性に合わんのですね(否定しているわけではないです 笑)。要するに得意でないということです。いろんな人が世の中にいるのですが、それが得意な人ならそうでない人もたくさんいる。もちろん、それら技法の使用がかなり有用な人もたくさんいると思いますが、僕はそうでない。だから僕は、基本厳しいくらいですね。クライエントにはそれら使いますし、優しいですよ(笑)もちろん学生にも。
 実際、私は運転支援やクライエントの文脈などの聴取などについてよく相談に乗り指導しますけど、厳しい。運転支援なんて合格レベルが示されていて、それを超えないと評価すらできないシステムです。しかし、それを乗り越えてやって来た人たちは自信持ってやっています。職人指導もそうですけど、チューボーですよはもう終わっちゃったけど(笑)、未来の巨匠とかは色々厳しい指導を受けながらも日々頑張っている。まあそういう世界はまだまだあるんやろうなとは思います。だからといって、人をこけ落とすようなことはダメですよ。
 僕は人への評価基準を基本2つの基準で評価しています。この2つの視点が僕なりに重要かなと思います。それが何かというと、相対評価と絶対評価です。


 上のスライドを見てください。実際の研修で使ったものですが、左が絶対評価、右が相対評価です。AとBは人だと思ってください。右の評価の各2本のグラフは時間的経過、つまり初回評価、その後の評価と思ってもらえれば良いです。
 結構管理職の方の相談を受けますが、左の絶対評価のみで評価するケースがよくあります。こんなこともできない、どんだけ指導しても失敗が減らない。などです。意外に「この人はよくミスを犯す」という定性的な評価が多く(定性的、定量的はわからなければ本読んでください(笑))、定量的にするとミスが減っていることもよくあります。これのみで評価を続けると、そのスタッフは生き生きしなくなります。
 絶対的な評価は一定の基準を超えないとダメだと評価するものです。しかし、右の図を見てください。これは相対的な評価です。スタッフAさんは元々、合格点を超えています。一方スタッフBさんは絶対的に見れば再評価でも基準を超えていません。結論としてはスタッフAさんの方が優れているということになります。
 しかし、成長率を見て見れば、Aさんはほんの少ししか向上していません。しかし、Bさんの成長率は劇的です。しかし、そのうちAさんを抜くかもしれません。相対評価はそこを重要視します。大事なことは、評価は各スタッフがより良い状態になり、結果組織がよくなるためにやることだと思うのです。したがって、絶対評価のみでは、Aさんの成長は阻害されたままです。
 絶対評価は質を担保するのに必須です。例えば、ブランドを考えてみると、ブランド製品(食品、製品、なんでも)の質を維持するのに妥協をしてしまえば、そのブランド品は売れなくなるでしょう。この行為は、絶対評価の基準を下げることになります。頑張っているからまあこれくらいでいいでしょうは最終的に質の低下を招きます。他のどこよりも素晴らしい作業療法を提供するつもりであるならば、これを無視してしまえば、難しくなると思います。絶対評価で伸びるためには、その高品質ブランド(もちろんそこを目指したいという動機は必要ですが)に参画している意識と誇りを持つことが重要だと思います。努力して、主体的に目指す一定の基準を超えて合格した時、人はやりがいと自信と感動を得るんだろうなと思います。学位の取得なども似ているかもしれません。

 適材適所、この2つの評価の視点を持ちながら人的評価を行うことは重要だなと自分は思います。まあ個人的な経験談なので、誰にも教えてもらったわけではないのでエビデンスのクソもないです(笑)。

 しかし、今回の研修ではリハの役職の方、そしてソーシャルワーカー責任者の方にグループワークも含め行なったのですが、かなりアツい会になりました。長丁場なのに、初めの1分から、最後の1分まで全員ギラギラ集中マックスですわ。大したもんです。心の底からやめてよかったと思いました(笑)まあ、最終形態はこれからですけどね。期待しています。
 そういえば、6月に精神科作業療法士協会の管理者研修と宮崎県士会、船橋市立リハビリテーション病院様でもマネジメント研修させていただきます(月1にとどめようとしてるんですが、増えちゃいました)。お会いできる方はその時を楽しみにしています。
長文読んでくださりありがとうございました。

2017年3月27日月曜日

Shared Decision Making (SDM)

普段投稿を怠っています。ついでに実家に帰るのも怠っていました(笑)

先日約2年ぶりに実家に帰ったのですが、個人的文脈により実家にはここ数十年2泊ぐらいしかできません。しかし、まあ色々と楽しめました。

今回の旅で一つの目的は、高校時代のマブダチの父に線香をあげに行くこと。
1年ほど前に、数年ぶりにマブダチ(5年ぐらい会っていないが親友とは会わなくても親友なもんであると思っている)から電話がかかり、「2名で飲んでるから今から飲みに来い」と言われた。もちろん東京ー岐阜間行けるわけもなく、「いや無理やろ」と即答で断った。そのあとに親父が死んだと告げられた。色々お世話になっていたので驚愕したのだが、「必ず線香をあげに行く」と言い、電話を切り、はや1年経ったということだ。

一人暮らしのツレのオカンと2人きりで長いこと話し込んだ。ずーと涙してたから、あの寡黙なお父さんは家族のために色々やっとったんやなあと自分と他人の文脈をたどりしみじみ思った。

ツレの父はがんで亡くなったらしいが、医療に対してツレのオカンは物を申したいようだ。
一番記憶に残ったのが、

「〇〇くん(私の名前)、もうね、病院の言いなりやわ」


何回も出て来たこのフレーズ、その背景には告知の方法や治療の選択、リスクなどの説明が十分または全くされておらず、セカンドオピニオンを求めに他院に行っても真面目に取り合ってくれず、元の病院の治療に戻るように言われたようだ。

実際そうでない可能性も大きいと思うが、少なくともクライエント側はそうとっていると言うことである。緩和病棟へという病院側の推薦に反して自宅へ帰り、1ヶ月療養し、再入院後3日後に亡くなったそうだ。3日前まで酒飲んどったらしいから(笑)、お父さん幸せやったと思うわとツレのオカンに言った。

様々な形でインフォームドコンセントや患者の権利が訴えられているが、基本ツレのオカンが言ったこの言い分は現在の医療の世界では間違っていないと個人的に思っている。自分の義母が亡くなった時も不明な点は多いし、同業者を批判することをタブー視するきらいがないわけでもない。

松本さん(2003)のOTに対するインフォームド・コンセントの報告では、それが重要だと思っていても積極的になれない我が国のOTの実状を示している。本報告ではインフォームドコンセントが十分にできない理由について、大きなものは「(クライエント側の)理解が得られない」、「時間的余裕がない」としている。この結果を全く共感できないわけではないが、中立的にこの文言を見れば外的統制的であり、クライエント側から見てみれば、そっちの都合は知ったこっちゃないっという感じにはならないだろうか?
(松本裕美 他 作業療法士によるインフォームド・コンセント実施の現状.OTジャーナル37:1120-6,2003)

またMaitra(2006)の報告では、作業療法士が目標を説明したとしてもクライエントが全く理解していないなど、作業療法士とクライエントとのギャップの大きさを露呈している。
*詳しくはTomoriさんのブログ で元部下のOhnoさんが日本語で解説しています↓

tomori lab 文献抄読会(4) 作業療法士はCLを意思決定に巻き込んだと思っていても,CLはそう思っていません.


実際、それから10-15年ほど経過し、セラピストの世界でもインフォームド・コンセントは制度化されつつあり、当たり前になりつつあるが(総合実施計画書、ケアプランへの署名)、正直な話、医療・介護報酬を得るためだけの形骸化になりやすいのではと危惧する。

インフォームド・コンセントの重要性は言うまでもないが、形骸化しやすい。もちろんインフォームド・コンセントの考えが及ばない分野もあるとは思うが多くの場合で必要とされる。臨床の管理者時代、うるさいくらい説明と同意に力を入れるように言っていた(実際、私の臨床時代、説明はもちろんのこと金銭的にも実施計画書はタダです。総合実施計画書はこれで3000円ですって説明すると皆びっくりしていた)。その思いは現在も継続されていると願いたい。

今回の旅で改めてSDMの重要性と難しさに気付かされたが、この難解な問題を解決する必要性が作業療法発展にも貢献すると思った。クライエントとコラボレーションするにはどうすれば良いか。SDMは一人で行う際には楽しい作業でしたが、皆で行うには壮大なテーマです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2017年2月13日月曜日

お久しぶりです

しばらくご無沙汰しております。年末に日記を更新しなかったのは初めてです。
反省を1ミクロンほどしています(笑)。去年から今年にかけて色々ありました。宮古島に行ったり(写真 みやこ何とか君 名前忘れたw)、北九州、熊本に行ったり、去年本厄、今年後厄ですが、すこぶる絶好調です。



教員生活も半年が過ぎ、何も変わらない忙しい生活をしていますww 教育でも面白いことをやりたいなーって思っていますが、もう少し時間がかかりそうです。しかし、着々とやっており、毎日楽しく生きています(笑)

やはり、学校教育には臨床の先生との結びつき、コラボレーションが重要です。臨床の先生方に様々な研修会や院内勉強会、マネジメント相談のご依頼をいただき(ご依頼ありがとうございます)、臨床の先生に貢献できることは教員からは数少ないのでできるだけ積極的に答えようとしているのですが、いかんせんキャパオーバーでいろいろ調整しつつ行っています。すいません。自分はそんな色々人様に言える人間じゃ無いんですけど(笑)自慢できるところは、臨床、管理、教育(多分野)と色々平均的に広いってことぐらいなもんです。人に話すことができる人は専門特化した人の方が勉強になると思いますが(苦笑)。しかし、常に自己研鑽し続けないと学生に示すことができませんよね。まあ偉そうに喋ることはできないわけです。学生が誇れるような教員でなくても、そうなれるよう追い続けなくてはいけないと思うわけです。


でも、臨床家、学校教育がともにWin-winになり、そしてお互いが共通の視点で学生を育てる環境ができたら良いなと常々思います。

現在は週1の臨床で毎回学生を連れて行ったりしていて(イムス板橋の先生方ありがとうございます!!)、学生もためになっているだろうと思います。



話は飛びますが、臨床で懇意にしていただいている先生のご依頼で、先週ACEについて講演をしてまいりました。おかげさまでACEは検索で引っかかるようになりました〜!

「ACE、作業遂行」


で調べてみてください。あえてリンク貼っていません(笑)
小難しいことは言わないので、好きに使ってください。そもそも、使わなくてもいい評価なので、疑問視される方はスルーしてください(笑)


研修会や講演の楽しみは全国の色々な先生とお会いできることです。また横のつながりが増えていくことに本当に幸せを感じますね。まだ見ぬ土地でお会いできるのを楽しみにしております。

3月5日 生まれ故郷岐阜のお隣 第5回福井県作業療法学会の特別講師でお話しさせていただきます。
3月12日 神奈川県士会で3時間超のロング講演させていただきます。ちょっと実演を入れて、面接にACEを絡めようと模索中です。タイトルが変なので多分修正します(笑)

来年度のご依頼も少しずついただいていますが、できる範囲でお答えしたいと思いますが、来年度は研究と教育に力を入れたいのでちょっとセーブ気味です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。




2016年11月20日日曜日

Would you like to join SOTI family? SOTIの仲間になりませんか?

Hi guys! I'd like to introduce SOTI program 2017.

みなさま本日は紹介です。 

私が今年の夏に参加しました、南カリフォルニア大学のSummer Occupational Therapy Immersionがまた開催されます。2014年から毎年1回開催され、来年で4回目となります。1回目は11人の参加者でしたが、去年はなんと46名!!!!

世話人のDaniel Parkさんから来たメールの一部を載せます。Dannyはみんなの良き相談役で本当にこんなに良い人に会ったことがないぐらいのいい人です。


We would love to continue to build SOTI and to provide others with the opportunity to experience life at USC and in Los Angeles.  Therefore, I wanted to write today to request your help once again in getting the word out about SOTI to anyone whom you think may be interested!   You have always been our very best advocates in letting your friends, teachers, and colleagues know about this program, and so I really appreciate you sharing about SOTI to those you know.  I attach our 2017 SOTI flyer here, as well as a recruitment email (copied below) we have been sending out to our colleagues around the world.  Do feel free to forward information about SOTI as you deem appropriate.  (And also check out our SOTI webpage and Global Initiatives Facebook page if you haven’t already…links below!)

 FYI, the program dates are June 30 – July 28, 2017, and tuition is $3500 (although we provide USC housing for free as always).  

Personally, I’m doing really well myself.  I attach a picture of Cheryl and Mattea here – Mattea is now 2 ½ and a thriving toddler J   Blessings to all of you!  Let us know how you are doing!

上記を簡単に訳すと、来年もやるから、友達とか先生とか仲間に伝えて♪ってことです。

以下ちょっとQ&A式に 

①What's SOTI? SOTIって何?
SOTIプログラムは将来アメリカでOTの大学院に行ったり、働きたい人のために1ヶ月間、天下にその名も轟く南カリフォルニア大学で授業体験をしたり、向こうの臨床や研究施設を見学したり、文化に触れ合ったりするものです。先ほどのDannyさんを中心に、USCの学生(大学院生)が手取り足取りコーディネートしてくださいます。本当に日本顔負けのOmotenashiです。


②Hou much? 費用は?
上にも書いてありますが、$3,500です。3500ドルなので、レートに左右されますが、約40万円と踏んでください。しかし、これ、破格の安さです。なぜなら住まい込みです。USC Cardinal Gardenという寮に滞在できます。Los Angelsに1ヶ月住んで、しかも授業料込みで40万で暮らせません。食事はたまに昼ご飯や夕食が出ますが、基本食費は自分持ちです。私は予習復習であまり外食できなかったので、航空券込みで全部で7〜80万円ぐらいでした。これでも破格だとは思います。



③Dormitory 寮はどうですか?
2 or 4名で1室ですが、基本4名で他国の学生と共にします。ベッドルームが2つあり、広いキッチン冷蔵庫もあります。寮でみんなで料理を作ったりもします。調理用具は用意してくれています。風呂トイレは1室共用です。リビングがあり、ソファもあります。シーツなども用意されており、寮にはコインランドリーもあります。ま、至れり尽くせりです。そして、セーフティロック&ガードマンも見守っているので、寮の中は安全です。




④Lecture 授業はどうですか?
もちろん全部英語です。私もかなり苦戦しましたが、臨床をやっていたことと、あとは前日にスライドなどを送ってくれるので予習をすれば、なんとなくわかります。臨床を見るのは言葉はいらないので、何をやっているかはなんとなくわかります。英語をおいといても、Dr. Frolence ClarkやRuth Zemke大先生がたのLectureを受けることができるというだけでもすごいことです。また、動画とかで動くSIの祖Ayersとか見た時には、思わず日本語で「動いたw」と言ってしまいました。OSセンターや大学病院、リハセンター様々な現場がみれたのはこの上なくexcitingな経験でした。発表、ディスカッションもあり、今でも英会話のレッスンを受けていますが、彼らと話をした方がよっぽど英語は上達すると思います。レッスンよりも場数です。皆、心広く受け止めてくれて入るのですごく楽です。




その他、経験については、過去のBlogをご参照ください。

⑤When does it start? いつ始まりますか?
来年6月30から7月28日です〜。その前後数日は寮に住めますよ。僕は知らなかったのでギリギリに飛行機をとっちゃいましたが、ゆとりを持つのもいいかもですね。また独立記念日にあたりますので、向こうでハッピーな祭りを味わえると思います。


さいごに
様々なページで宣伝されています。

Global Initiatives  Facebook page:  https://www.facebook.com/USCChanOSOTGlobal/

私はSOTIprogramで貴重な体験をしました。英語ができない、海外不安、とか色々悩むこともあるかもしれません。私は、SOTIで一番年寄り(40 over)で、ルームメイトや受講生はみんな学生で18〜21とかで、それでもみんな仲良くしてくれましたし、助けてくれました。団結力が強く、SOTIfamilyって呼ばれています。私は向こうで誕生日を迎えたので、みんな祝ってくれたり、もうSOTIfamilyには感謝感激です。最終日には皆涙涙です。今朝もSOTIの中国の仲間とお互いの進捗や状況についてdiscussionしました。あなたのOT人生をイノベートすること間違いなしです。

興味のある人はぜひチャレンジしてみたらどうでしょうか?

何かわからないことがありましたら、お問い合わせください。私に分かる範囲で答えますよ〜。




2016年11月9日水曜日

ACE広めます(広めたい、広まれば〜w)

トランプ、ヒラリー激戦という。まあ人それぞれの価値観なので、いいと思うことも悪いと思うことも人それぞれ。相手は思うようにならんもんです。ただやる前とかガタガタ文句を言っても始まらんですよね〜。問題は結果と、前に進んでるかで、口で言うのは何事も簡単です。Yes we canです(古いかw)。

タスクを頑張ったおかげで色々カタがつき、次の締め切りまでほんの数日間時間ができましたので、以前から考えている、そろそろACEを広めなくてはということに取り組んでいます。せっかく協会の研究費を使わせていただいたので、それをなんとか広めるよう貢献しなくてはと思っています。


ACEにはprojectメンバーがいて、HPの作成など頑張ってくれていました。
数ヶ月前からHPはできていましたが、


一番の問題は 検索エンジンに引っかからない



ブログ記事からのダイレクトリンクしか、行きようがないという事実w。

そこで、今回はブログにリンクを登録したこと、様々な登録、表紙の微修正などを行いました。

ここで、お願いですが、ブロガーの皆さんやSNSで興味を持っていらっしゃる方はHPへのリンクを貼る、あるいは拡散していただけましたら幸いです。


多くの方に見ていただいて、自由に使っていただけましたらこの上ない喜びでございます。特に許可とか何もいりませんので好きに使ってください。金なんて、許可なんて、版権なんていらねーww メンドクセーw ALL Freeです。ノンアルです。

一度見ていただきまして、「あーこんなのなくても俺できるし、COPMだけでw」と思われるかもしれません。

おっしゃる通りw


まったく持ってそれで構いません。使うかどうかはその方次第。熟練者にはまったく必要のないツールでございます。



さて、ACEの表紙の写真ですが、OTとクライエントの光り輝く協働を示しています。

これ実は私のクライエント(プロ)に依頼して、撮っていただいたんですよね。私、ネット上でクライエントの話書かないのですが、これコピーライトっすとか冗談で話ししていましたので、ACEには©️ついてますw。これもこの上ない幸せ。


ACEホームページは右リンクに載ってます